同窓会について

会長挨拶

経済学部同窓会会長犬伏泰夫

皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

大阪大学経済学部同窓会は昭和23年の発足以来発展を続け、平成20年9月に創立60周年を迎えました。
卒業生は1万人を越え、旧制高校の卒業生から現役の学生会員まで年齢層もさまざまになっています。
その中で同窓会の活動内容を伝え、同窓会員への情報発信の充実を図るため、このたびホームページをリニューアルすることになりました。

今年大阪大学は、創立80周年を迎えます。
鷲田総長のリーダーシップのもと、「地域に生き 世界に伸びる」をモットーに多彩な教育研究活動を展開しつつ、懐徳堂と適塾を源流とする精神を生かし、社会に開かれた<知>の機関として、また我が国を代表する総合大学として発展を重ねています。
節目の年を迎え新たな決意のもと更に飛躍をされるよう願っています。

私たちの経済学部は、近代経済学の発展をリードする世界的な研究機関としての名声を確立してきました。
通信手段、交通手段の発達と共に多様な文化が交錯し、またリーマンショックを契機に自由主義市場経済のあり方も大きな課題に直面する中、時代が大きな転換点を迎え、人々は新たなパラダイムを模索しているように見えます。

ここの様な状況のなか、新しい時代の諸課題への解決にますます高まる経済学への期待に応えるべく研究を極め、成果を世界に発信し続けて欲しいと願っています。

今回のリニューアルによって、今後の大学の発展に寄与するため、また同窓会自身の活性化のため、会員に対して同窓会とのつながりを感じられる有益な情報を提供し、より一層交流を活発にしていきたいと存じます。
皆様からも様々のご要望・ご提案をお寄せ頂ければ幸いに存じます。
今後ともご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

平成23年4月